日曜日の夜、我が家で鍋パをしました。

年末年始、なかなかバタバタしており、

皆さんとようやく予定が合って、久しぶりのお客様。

うちの子どもたちは大興奮でした!


そんな、集まった人々。

c0183626_10381636.jpg



予想通り、おもしろかったです。


原田王子と天才NOB君。

c0183626_10395539.jpg



そして、ファンタジーの世界から、マリオさんもかけつけてくれました。

c0183626_10421162.jpg



この方は、いろんな意味でスーパーヒーローです…

憧れです♪


クラさんの写真も撮ったんですが、

あまりにドアップ過ぎて、うちの嫁から、


「これは、アップ過ぎて恥ずかしいと思うよ…。許可を得てからにしよ…。」


ということで、今回は写真なしで…


みんなとは楽しすぎて、あっという間に時間がたちます。

直嗣さんとNOB君が眠りについて、おひらきでした。

みんな、次に日もお仕事…大丈夫だったかな…?


また、春には花見に来てねー♪
[PR]
# by tokoya2007 | 2009-02-10 10:53
今日は、ルーキー沖田君にカットに入ってもらいました。

お客様は、新規の中学生。

そんなに、難しくないカット。


まだ、床屋のやり方に慣れていないせいか、

アタフタしてましたけど…(笑)

大丈夫!沖田君ならできるよ!!

そう信じて、カットしてもらいました。


多少時間はかかったものの、

仕上がりは上出来。


でも、彼に感心したのはそれよりも…

お客様に対しての、一生懸命な姿勢。

そして、謙虚さ、誠実さ。


「こんな僕が、カットさせていただいて本当にありがとうございます。」


的な、お客様への想いが、

周りにいる僕たちにも伝わってきました!


カットができる喜びや、謙虚な姿勢、感謝の気持ち。

沖田君から改めて、教わった気がします。


これが、沖田君のやり方。スタイルです。


こんな気持ちをこの先もずっと持ち続けていれば、

沖田君の周りには、たくさんのお客様で溢れるかもしれませんね!!

そう遠い未来じゃないかも♪


僕までいい気分になれました♪

沖田君、その調子ー!!

ひゅー、ひゅーだよー!!(古っ!)


松田君は、いいとばっちりだったかもしれません…

そのあと、僕に説教されましたから…

「見習えっ!!」って…(笑)


P.S 今日は、久しぶりにユッキー王子がご来店なされました。

男前が、より一層の磨きがかかり、御帰還されました。

明日の鍋、楽しみだねぇ~~♪
[PR]
# by tokoya2007 | 2009-02-07 19:15
本日も、無事に「ありがとうございます」で終わりました。

ありがとうございます!


今日は、久しぶりのお客様がいらっしゃいました。

久しぶりといっても、

そのお客様は20日に1回ぐらいのペースでいらっしゃいます。


そのお客様が今回はなんと、

1か月半も間が空きました。


12月の初めにご来店いただきましたが、大晦日にも。

うちが早めに閉めたせいで、

他のお店に行かれたそうです。


怒ってらっしゃる…

そう思ってました…


「他のお店に行ったけど、やっぱここがいいなって気づいたわ!」


でぇすぅってぇ~~~~~~!!!!!

他店に行かれて、「床屋」のよさを実感していただいたそうです。


外見、少し強面のお客様ですが、

嬉しいことを言ってくれます。


また、泣きそうになりました…


年明けから、ず~~~~~っと、

来ないな、来ないなって心配してました。

正直、失客だと思っていました。

それが、ようやく!


また来い!また来い!!

の怨念が届いたのかもしれません(笑)


「まじ、うれしいっす!」by沖田風。


これからも、よろしくおねがいしますね♪

僕が、とことんカットさせていただきますよー!!


いや~、理容師ってほんといい仕事ですねぇ♪
[PR]
# by tokoya2007 | 2009-02-06 20:08
昨日、書こうと思ってましたが、

体調不良のため断念。

覚えているうちに書きます。


美容の世界では、スタイリストになると歩合がつきます。

全店ではありませんが、ほとんどのお店がそうではないかと思います。

自分の指名のお客様の売り上げに対し、

何パーセントか給料に繁栄するシステム。


やってる本人たちは、それはもうやる気ですよ!

お客様から、指名を頂ければ頂けるほど、給料も上がるのですから…

お金が絡む分、人間の汚い部分もたくさん見てきましたけどね…(笑)


でも、理容の世界には、歩合はありません。

聞いたことないです。

ゆくゆくは、「床屋」もこの歩合を取り入れたいと考えています。


たしかに、お金絡みなので、いろいろと問題もあると思いますが、

メリットもたくさんあります。


僕たちの仕事は「年功序列」でなく、「実力主義」です。

実力のある人が、お客様やお店から評価されるのは当然。

技術だけでなく、その人の人間性(人間力)も試されます。


昔のように、

「理容師は、技術が命」”だけ”

の時代は終わりました。

その人、本来の魅力をお客様に感じていただく。

個性を武器にする。

それぞれのやり方で、いろんなお客様に喜んでいただく。

やり方は、一つではありません。

無限にあります!


その魅力で、お客様から評判が上がれば、

当然、お店としても評価しなくてはいけません。


お客様に対し失礼なのないように、技術がなければ練習する。

接客が苦手ならば、いろんな人と話してみる訓練をする。

個性に名を借りた奇抜なファッションは避け、

きちんとした身だしなみにする。


自分で考え、自分で試してみる。


自分の個性を探す。


「サロンは、自分たちが輝ける、最高のステージだ!!」


これを意識して仕事ができるのであれば、

こんないいシステムはありません!


お陰様で、「床屋」は「個性」も様々。

みんなで、自分流の個性が出せていけたらといいなぁ。

って思ってます。
[PR]
# by tokoya2007 | 2009-02-06 12:57
すみません…

風邪なんてものをひいてしまいました…

明日には、東洋医学、


「気合!!」


で治します…
[PR]
# by tokoya2007 | 2009-02-05 19:35