今日は朝から、道路がガチガチに凍結している中、

たくさんのお客様にご来店いただきました。

「ありがとうございます」

久しぶりに、営業中に興奮できた一日でした。


そして、今日は、お客様にものすごくうれしいこと言われた日でした。


「あなたがしていること、これからしようとしていること、

このお店、すべて正解だね。だから、僕はこの先もずっとこのお店に来るよ!」


涙が出そうでした。

嬉しすぎます。

今までやってきたことが、報われたような瞬間でした。


言葉にしなくても、伝わるものが必ずある!

僕の心の中に、言葉では言い表せない想い。

それを、お客様に感じてもらえるようなお店にしたい。


その結果は、一ヶ月後、半年後、または五年後、十年後に

必ず目に見える形となるはずだ。

だから、今を全力でやらなければいけない。

そう信じて、今までやってきました。


自分の信念や哲学、想いや感情すべてで

お客様と向き合えることができれば、

「床屋」は、きっと気付かないうちに一番のお店になってる。


技術とか接客とか、そういった天秤だけでなく、

山田智之という一人の人間、

「床屋」という一つのお店、

他のお店にないオンリーワンをつくっていく。

それを好きになってもらえれば、理容師として人間として

こんなに嬉しいことはありません。

これが生涯目標です!


まだまだ、道の途中ですが、

自分の信じて歩いてきた道が、

間違ってはいなかったように思えます。


今こうして、思い出しながら書いていても、

また泣きそうです…


自分が信じた道。

間違ってはいなかった。

これからも、その道を信じて歩いて行きます。
[PR]
# by tokoya2007 | 2009-01-24 19:54
最近、古い雑誌を再利用して、

暇な時間にスタイルブックを作っています。

最初は、エース松田に任せていましたが、

見ると、どうしても口出ししたくなります…

性格の悪い上司、山田智之29歳男性職業理容師。


とゆーことで、結局僕もスタイルブック作りに参戦することにしました。

せっかくなのでいいものを作りたいですし、

松田君には負けたくないです。

敵意むき出しですよ(笑)


ですので、

「床屋」にご来店の際には、どちらのスタイルブックの方が、

見やすく、遊び心があって、なおかつオシャレに出来ているか、

審査してみてください。


負ける気がしません!!
[PR]
# by tokoya2007 | 2009-01-23 19:41
フォトグラファーNOB君のブログにも

床屋TOKOYA写真展が紹介されてます。

見てみてください!


やっと、これができるようになった…
[PR]
# by tokoya2007 | 2009-01-23 11:04
「ありがとう」

という言葉があります。

皆さんも、よく使われる言葉だと思います。


僕たちも、仕事で毎日何十回も使っています。

「床屋理念」でもあるように、

「感謝の気持ち」を

いつ誰に対しても声にして言います。

いや、言っているつもりなのかもしれません…


ありがとうは、当たり前に使う感謝の言葉です。


毎日きちんと三食食べることができ、

あたたかい布団で凍えるかとなく寝ることができ、

仕事もあって、必要なものはどこでも買えて、

便利な車もあって、etc...


普通の生活が、時にして人を麻痺させているのかもせれません。


世界には、そんな生活さえできない人がいます。

もう日本だって他人事ではありません。

普段、当たり前にしているこの生活が

どれだけ幸せはことか。

人は一人では生きてはいけません。

生活する上で、誰かしらの力を必要としています。

感謝、つまりは「ありがとう」です。


「床屋」もオープンして一年半たちました。

あの頃のように、心からお客様に、あるいは周りの人に、

「あなたがいるから、僕は幸せなんだ」

この「ありがとう」を言えているのか、自分自身疑問です…


初心の気持ちを忘れるな!思い出せ!


普段、何気なく使う言葉だからこそ、その言葉の意味合いを

精一杯の気持にこめなければ。


明日から、いや今夜からこの想いを実行していきます。


普段、照れくさくてあんまり言ってませんでしたが、

この場をかりて、


佳子さん、いつもありがとう。

感謝してます。
[PR]
# by tokoya2007 | 2009-01-22 21:12
昨日は、久しぶりに友人宅で家飲みをしました。

お誘いいただいたお宅は、野津宅です。

前は、嫁さんと一緒に鍋をごちそうになりましたが、

今回は、僕単品で。

そこに集まった54年会の方々。

c0183626_1817303.jpg


そして、家の主。

c0183626_18184060.jpg



キャラの濃い、そして熱い人たちの集まりです。

お腹も満たされ、お酒も大量に入り、

話は段々とヒートアップ!


音楽の話、思い出話、

政治の話や、ゴミのリサイクルの話。

介護福祉の話や、これからの松江についてなど。

あ、あと女性の話も…

これが一番盛り上がったりして(笑)


みんな、それぞれに自分の未来や目標、

松江という街、この街のために何ができるか、

何をしようとしているか、明確にもっています。


土俵は違えど、それぞれが各分野で自分の可能性を信じて、

日々いろいろと考えながら生活し、仕事に打ち込んでいます。

これからは、僕たち若い世代がこの松江を引き継いでいきます。

その使命感を奮い立たせるような飲み会でした。


この飲みの席に僕も参加でき、いろんな話を、いろんな業種と、

いろんな人と意見を交わせたのは自分にとってかなりのプラスです。

いい刺激になりました。


できることは少ないのかもしれないけれど、

悔いのないように生きたいと思います。


直嗣さん、クラさん、ありがとうございました。

54年会のみんなも、大きな野望に向けてがんばろう!!
[PR]
# by tokoya2007 | 2009-01-21 18:48